入会案内


青森県スポーツドクターの会会則

(名称)

第1条   本会の名称を「青森県スポーツドクターの会」(以下「本会」という。)と称する。

(目的)

第2条   会員相互の連絡を密にし、活動の促進、相互研修、情報交換を図るとともに(財)青森県体育協会との連携により、医学的側面からの協力体制をつくり青森県の「スポーツの普及・振興」「競技力の向上」に寄与する。

(事務局)

第3条  本会の事務局は会長の定めるところに置く。

(会員)

第4条   会員は県内の(財)日本体育協会公認スポーツドクターで構成し、日本整形外科学会認定スポーツ医及び日本医師会認定健康スポーツ医で本会の趣旨に賛同するスポーツドクターは会員になることができる。
2  本会の趣旨に賛同しスポーツに関心あるドクターは役員会の承認により会員になることができる。 3  名誉会員は、本会の発展に特に功績のあった者のうちから、会員により推薦され総会にて決定される。

(会員の役割)

第5条   本会員の役割は次の通りである。
(1)スポーツ選手の健康管理
(2)スポーツ障害、スポーツ外傷の診断、治療、予防
(3)スポーツ選手の健康診断
(4)競技会開催に際しての医事運営
(5)各種大会におけるチームドクターとしての参加
(6)スポーツ医学の啓蒙

(役員)

第6条  本会に次の役員をおく。
(1)参与   若干名
(2)会長   1名
(3)副会長  若干名
(4)理事   若干名
(5)監事   2名

(役員の任期)

第7条  役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
2 役員は任期満了後も、後任者が就任するまでの間、その職務を行う。

(参与)

第8条  参与は会長の推薦により委嘱し、会長の諮問に応じる。

(会長)

第9条  会長は会員の中から推挙する。
2 会長は本会を代表し、会務を統轄し、役員会及び総会の議長となる。

(副会長)

第10条  副会長は会員の中から総会で推挙する。
2 副会長は会長を補佐し、会務を掌握し、会長があらかじめ定めた順序により、会長事故のあるときはその職務を代理する。

(理事)

第11条  理事は総会に諮問のうえ、会長が委嘱する。
2 理事の委嘱は、東青、中弘南、三八、西北五、上十三、下北の6地区より選出する。

(監事)

第12条  監事は会員の中から会長が委嘱する。
2 監事はこの会の会務及び会計を監査する。

(会議)

第13条  役員会は参与・会長・副会長・理事・監事をもって組織する。
2 役員会は必要に応じて会長が召集する。 3 役員会は総会に付議すべき案件を審議する。

(総会の定足数及び議決)

第14条  総会は現会員数の過半数がなければ会議を開き議決することができない。但し、当該議事にあらかじめ書面により意思を表示したものは出席者とみなす。 2 総会の議事は、出席者の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(支部組織)

第15条  青森県スポーツドクターの会は次の支部組織を置くことができる。
2 東青、中弘南、三八、西北五、上十三、下北の6地区に置く。

(会計)

第16条  本会の会計は本会事務局で執行する。
2 本会の経費は会費、寄付金等によりまかなうものとする。 3 本会の会員年会費は勤務医、開業医とも一律15,000円とする。ただし名誉会員はこれを免除する。 4 会計年度は4月1日に始まり翌年3月末日に終わる。

(退会)

第17条  本会の会費を2年にわたり未納の者は自然退会とする。

(補足)  この会則に定めるもののほか、会の運営に関し必要な事項は会長が別に定める。

(附則)  この会則は昭和62年 5月23日から施行する。
  平成 1年 4月22日改定認可
  平成 3年 6月 1日改定認可
  平成11年 5月13日改定認可
  平成17年 3月18日改定認可
  平成25年 4月 5日改定認可


スポーツドクターの会 入会申込書

入会申込書に記入後、事務局まで送付して下さい。
【事務局】
〒036-8562 弘前市在府町5
弘前大学大学院医学研究科整形外科学講座内
青森県スポーツドクターの会事務局
担当:津田英一

TEL:0172-39-5083
FAX:0172-36-3826
E-mail:eiichi@hirosaki-u.ac.jp


ページトップへ