会長挨拶


岡村 良久 岡村 良久
(村上新町病院整形外科、青森県体育協会副会長)


 本邦では、昭和55年に日本体育協会認定スポーツドクター制度が発足、その後、日本整形外科学会スポーツ医、日本医師会健康スポーツ医が認定され、いわゆる「スポーツドクター」が認識されるようになった。また、同年には関東労災病院にスポーツ整形外科が開設され、スポーツ選手にも積極的な整形外科的治療が施行されるようになった。
 本県では、それ以前より弘前の故・鳴海吾郎先生が自らスキーチームを率い、ウィンタースポーツをはじめ、多くの本県出身のオリンピック選手をサポートされてきた。
 昭和60年代となり、当時、県体協の常任理事であった川島卯太郎先生、スポーツ医・科学部会委員であった故・大関堯先生らが中心となり、青森県医師会でスポーツ医学に関心を持つ先生方を募り、本県スポーツ医科学の普及・啓蒙と競技力向上を目指して昭和62年5月23日、「青森県スポーツドクターの会」が設立された。初代会長には大関先生が就かれ、事務局は青森県体育協会に置いた。
 本会は、発足当時より認定スポーツドクターに限らず、スポーツ医学に関心がある医師の入会を積極的に促し、活動も会員会費のみにて運営してきた。とくに、運営を会員会費で行っている組織は全国でも例がなく、資金面の制限はあるものの独自の活動を可能としてきた特筆されるものである。設立に携われた先生方のご尽力に深謝する次第である。また、当時、スポーツ整形外科分野をテーマのひとつとしていた弘前大学整形外科学教室の故・原田征行教授のご協力のもと昭和63年より県体協内にて、「スポーツ医事相談室」を開設、文字通り、当時のスポーツ選手の駆け込み寺的な存在となった。現在、「スポーツ医事相談室」にてサポートされた選手が、数多く県内中学・高等学校のスポーツ指導者として活躍している。
 国民体育大会での本県選手サポートも昭和63年・第43回京都夏秋季大会より帯同(前年の沖縄国体には、川島卯太郎先生が総務役員として帯同)、翌・平成元年の北海道大会からは冬季国体にもドクターを派遣して、現在に至るまで帯同・支援を続けている。さらに、平成11年・第54回熊本国体からは、いわゆるトレーナーの帯同も開始して、選手のコンディショニング・サポートも実践している。
 現在、本会会員数は100名を超え、国体をはじめとした各種大会への帯同・支援はもとより、若年期スポーツ傷害の予防、中高年健康増進など各科専門領域を包括した活動を行っている。今後は、アスレチック・トレーナー、スポーツ栄養士、スポーツ薬剤師、スポーツ歯科医とも手を携えながら、総合的なスポーツ・コンディショニング・サポートを推進していく所存である。
 折しも、平成37年には第80回国民体育大会が本県で開催される予定であり、競技力向上のみならず、国民体育大会に携わった選手、スタッフが大会終了後もスポーツ活動啓蒙のリーダーとなって、将来的には青森県民の健康増進の一翼を担えるよう、本会も尽力していきたいと考えております。関係諸各位には趣旨をご理解のうえ、ご指導、ご協力を賜り、是非、本会をご利用いただきたく願うところであります。

ページトップへ